遺言と相続について

困ったおばあちゃん
私が亡くなったら
不動産は、老後の面倒を
そばで見てくれている
長女に渡したくて
自分で遺言を作ったけど
本当に効力はあるの?

公正証書遺言の作成を
お勧めいたします。
これは、公証役場で公証人に
作成してもらう遺言です。
この遺言方法は、
最も確実であるといえます。
やりやま提案

◎当事務所にご依頼して頂いた場合の簡単な流れ◎
案作成
STEP1
まずは、
何のために遺言書を作るのか、
誰のために作るのか、
ご本人様の考えを
整理します。

「誰に、何を相続させる」
といった具体的な内容を
決めて行きます。


STEP2
公正証書遺言に必要な書類
(戸籍謄本、登記簿謄本等)
を取り寄せ、
遺言書の作成を準備します。
書類取り寄せ
ミーティング
STEP3
ご本人様の意向に沿った
遺言書の案を作成します。

この案を
事前に公証人と打ち合わせをし
法的に間違いのないものに
仕上げて行きます。


STEP4
決められた日に
ご本人様と証人2名が
公証役場に赴き、
遺言書が作成されます。

完成した公正証書遺言の
原本は公証役場が保管し、
正本と謄本が
ご本人様に手渡されます。

公証役場

これで無事、公正証書遺言の完成です。