車庫証明の盲点

消せるボールペン
久々の記事の投稿です。
今は、ある事務所のお手伝いを
細々とやっています。
研修会に参加できなくなっているので
ブログ更新ネタを仕込めないのが
心残りではあります。
そんな日々の実務で仕入れたネタを
ひとつ紹介します。

皆さん、書庫証明って知ってます?
車を持つ前提として、
その車用のガレージが
用意されていることの証明書を
警察に発行してもらうことです。
普通、車のディラーが
車購入時にやってくれたりします。
でも、諸経費を抑えるには、自分で
やるパターンも多々あります。

車庫証明の申請書の書式や、
必要書類はネットを検索して
参考にすれば、大抵はわかります。
でも、それでもわからない、
くだらないけど、結構役立つ
実務直結ポイントを紹介します。

貸しガレージの方は、貸主からの

承諾書

が車庫証明の申請には必要です。
そして、これの一番のチェック
ポイントそれが、

消せるボールペンで書かれて
いないか?

です。

承諾書は申請者自身じゃなく、他人さん
に用意してもらうものなので、
その人の使ったペンのチェックも重要です。
イラストの様にチェックする受付も
実際あります。
これで、申請が却下されたら
承諾書の取り直しとなり、相当な
時間、労力のロスです。
参考になれば、幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です