風営許可申請は測量メイン

風営許可申請の測量
今日は、「実務初心者の為の
風俗営業許可申請」という
研修会に行ってきました。
いわゆる、ラウンジとか、
まぁじゃん、パチンコ店等の
許可申請のことです。
初心者向けながら、実践的で
風営許可申請の段取りの
イメージが掴めました。
よかったです!

今日のプチ情報は、風営許可申請の
書類の種類についてです。
許可申請書等、他の許認可と
同様の書類の他、

フロア図、営業所平面図といった
図面があります。

この図面は基本、行政書士が
作成しなければならず、
照明設備、音響設備、
消防設備等も細かく図示し、
イス、机など備品も種類ごと、
各部を測量し図示しなければなりません。

これって、建築関係の専門家の
仕事ちゃうんと思うのですが、

行政書士が、メジャーや
レーザー測量器等で
測って作るらしいのです。

この煩雑さから自己申請は殆どなく、
9割方は行政書士へ依頼して
申請するとのことです。
仕事内容は難しい分、
見返りも大きいのかなって思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です