会社設立時の商標登録のススメ

商標登録
今日は「知的財産基礎研修」の
2回目に行ってきました。
内容は商標登録、種苗法等の
基礎的内容でした。
1回目と合わせてわかったことは、
この分野は、周辺予備知識としてしか
利用できないということです。
この分野の研修等への参加は
もう、セーブしたいと思います。

そんな中でも、今日仕入れたネタをひとつ。

商標権って知っていますか?

名前やマークを商売上で
独占的に利用する為、
特許庁にそれをお金を払って
登録する制度です。

例えば、起業する時、
「うちの屋号思い入れあるから、
他にパクられたない!」と思ったら、
ぜひ、その屋号は登録しましょう。

会社設立の登記だけでは、
その商号の独占権は守られません。

でも、登録代とか更新料とか
諸々の予算は覚悟してくださいね。

商標登録を決意した時の最大の注意点、
それは、

登録するまで、その標章を
絶対、口外しないことです。

会社の屋号とかなら、先に設立登記
してからって順番とかになると、
登記した時点で
屋号は公開されてしまいますので、
登記簿を見た誰かが
先にその屋号を商標登録して
しまうかもしれません。
そうすると、屋号の独占使用権は
得られません。

浮かれる気持ちは内に秘めて、
確実に駒を進めることが大事と
いうことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください